恋愛テクニック

アヤナス-恋愛テクニック、恋愛ハウツーが満載!恋愛上手になる秘訣

年の差恋愛!年齢差カップルが結婚するためのポイントとは?年下彼女、年上彼氏


芸能界をはじめ、現在では歳の差カップルや歳の差婚をする方が、以前よりも増えてきています。

芸能人が歳の差婚をすることも、歳の差カップルの背中を押しているかと思いますが、一般人が歳の差婚をしようと考えた場合、必要になるのはどんな事なのでしょうか?

年齢の差よりも中身の方が重要

歳の差カップルが結婚する場合、年齢ばかりが注目されてしまいがちですが、重要なのは年齢よりも中身、つまり内面がお互いに釣り合っているかどうかが重要なのです。

恋愛と違い結婚は長い時間夫婦で過ごすことになりますので、お互いの内面(一般常識や教養知識)や性格(精神的な面も含めて)が合わないことの方がよほど問題です。

年齢は合わせることができませんが、彼の仕事や趣味、考え方は合わせることができますので、無理しない程度のお互いの歩み寄りが大切です。

お互いの両親からの理解

歳の差婚を目指す場合、下手をすると自分の両親の方が彼との年齢が近い、もしくは上という場合があります。

そうなると両親の拒絶反応は自分達が思っている以上に強固で、特に父親からの怒りは相当強いものがあります。

愛し合ってさえいれば歳の差なんてそう思うかもしれませんが、反対をされたからと言って親子の縁を切って彼と一緒になる、そういう方向で動いてしまうと、いざという時両親を頼れず辛い思いをしたり、結婚後も両親との確執が後々ふたりの関係までもおかしくしてしまうことがあります。

結婚したいならきちんと親を説得し理解してもらえるように、円満な関係を築くけるように努力しましょう。

お互いを尊敬できる対等な関係

年齢的に年上な男性とお付き合いをした場合、社会的な地位も高く給与も良いことも多く、普段から他人に頭を下げら慣れていることや、プライドも強く「オレの方が上だ」という意識を持っていることがあります。

特に結婚生活は長く続くものですので、どちらかが上・下という考え方では下に見られた側の生活が苦しくなっていき、下手をしたらモラハラに発展することも。

歳の差があってもお互いに相手を尊敬し、対等かつ本音で話し合える風通しの良い関係性を作り上げていく必要があります。

歳の差男性との付き合い方では、彼を支えつつも男のプライドを満足させ、ダメな点にはきちんとツッコミを入れられるようなステキな関係を作り上げましょう。

終わりに

歳の差カップルの場合、離れている年齢が大きいほど将来に対しての不安や焦りが出てくるかと思いますが、実際に結婚する前から将来的にはどうしたいか、この先の人生をどんな風に過ごしていきたいかを話し合い、同年代と変わらない幸せな結婚を目指しましょう♪

 

恋愛テクニック   コメント:0

彼は私と結婚する気はあるの?見極めるための彼の行動パターン

付き合っているけれど、彼の気持ちがわからないという女性は多いのではないでしょうか。
まわりの友達もどんどん結婚していくなかで、焦りが募っているけれど、彼がいっこうにプロポーズしてくれないことはあると思います。
職場でも、そろそろ結婚をしたほうがいいのでは、とからかわれたり、何気ない友達の一言に傷ついたりしていませんか。
彼があなたと結婚したいと思っているのかどうかを見極める方法を、ここではご紹介します。

1.親友にあなたを紹介する

親友レベルの友達に、あなたを紹介するのであれば、あなたは本命であり、将来的にも大事にしたいと思っています。
親友を紹介することで、自分のことをもっと知ってほしいという彼の気持ちのあらわれです。
結婚を視野にいれた付き合いをしているのではないかと思います。

2.家族のことを話すことが多い

彼が、自分の家族のことを話すことが多いなら、あなたと結婚したいと感じているでしょう。
例えば、「兄弟は、~人である」とか、「老後は、実家に帰りたい」とか、「親は、~で働いている」等々。とくに、将来的なことも見据えた家族の会話をするのであれば、あなたと結婚したいこと間違いなしです。

3.あなたの友人に会わしてほしいと言ってくる

結婚したいと思っている女性であれば、あなたの友人にも会いたいと思っているはずです。それは、友人の間で、あなたはどんなかんじなのか、彼はあなたのことが知りたくて仕方ないからです。それに、結婚後も、あなたの友人を含めて仲良くしていきたいと思っているに違いありません。

以上が、あなたと結婚したいと思っている場合の、彼の行動パターンです。
次に、その逆で、今はまだ結婚したくないと思っている場合の彼の行動パターンをご紹介します。

1.これから転職する予定がある

男性というのは、仕事が安定していないと、結婚する気にはなれないものです。そのため、彼が、今の仕事を辞めて、他の職場に移ることを考えている場合、なかなか結婚には踏み切れないと思います。結婚が決まってから転職する場合は、家庭のことを考えて転職する場合がほとんどなので問題ないですが、婚約もしていない状態での転職は、彼だけの事情で転職する場合がほとんどでしょう。

2.将来の話はするが、具体的ではない

「将来はこんな家に住みたいな」とか、「将来は、~人子供が欲しい」とか、彼から将来の話はしてくるけれど、その夢がいっこうに実現に向かっていかない男性は多いのではないでしょうか。「~人子供がほしいから、~までに結婚しよう、」とか、「結婚費用は~までに貯めよう」とか、具体的な期限を言わない彼は、まだ結婚に対してイメージがわかず、結婚はまだ早いと思っているのかもしれません。現時点、彼にとって結婚は、夢物語でしかないのです。

いかがでしたか?彼の行動で、あてはまるパターンはありましたか?もし彼がまだ結婚する気はなくても、本当に好きな人なら彼のタイミングを待ってあげましょう。しかし、どうしてもあなたが早く結婚したいなら、彼に結婚したい旨を少しずつ、伝えていきましょう。押し付けにならない程度に、やんわりと伝えることが大事です。それでも彼が結婚に対して無反応ならば、別れて別の人を見つけていくのもひとつの方法です。

 

恋愛テクニック   コメント:0

不幸になる!絶対に結婚してはいけない男性の7パターン

今、付き合っている彼氏がいる女性であれば、いつかは今の彼氏と結婚したいと思っているでしょう。

でも今の彼と結婚して本当にいいのか不安、彼との結婚に対してイメージがわかない、など、様々なことで悩んでいる女性は多いことかと思います。ここでは、結婚してはいけない男性パターンを紹介します。

結婚する前に、ぜひチェックしてくださいね。

1.店員に対して態度が悪い

彼と食事に行ったとき、店員に対して、彼の態度はどうですか?不必要なことで、怒鳴りつけたりしていませんか?もしきれやすい彼なら要注意です。あなたと結婚したら、同じような振る舞いになるかもしれません。

2.マナーが悪く、ゴミをぽい捨てする

社会的なマナーが備わっていない人は、ぽい捨てをします。彼は、デート中、空き缶やタバコなどをポイ捨てしていませんか?マナーが悪いと、結婚後もまわりに気をつかってしまい、疲れてしまいます。いずれあなた自身も同じようにポイ捨てされるかもしれませんよ。

3.マザコンすぎる傾向がある

彼は、なんでも母親の言いなりになっていませんか?親を大事にすることと、親の言いなりになることは違います。親を大事にしている彼は魅力的かもしれませんが、なんでも母親の言うとおりにしていないかチェックしましょう。もし、マザコン男と結婚してしまったら、結婚後も何かある度に、彼はあなたより、母親の肩を持ってしまうでしょう。

4.受け入れられない欠点がある

結婚前に、彼と長期で旅行に出かけましょう。一週間以上、旅行にいくことをおすすめします。一週間以内であれば、自分を繕うことができてしまうからです。そして、四六時中、寝食を共にするのです。もしかすると、彼は、寝ているとき、いびきが相当うるさいかもしれません。おならばかりこくかもしれません。結婚とは、生活そのものです。彼の欠点や悪い癖も受け入れられるようであれば、結婚後もうまくいくでしょう。

5.暴力を奮う

交際中に暴力を奮うような男性は、結婚してからも必ず暴力を奮います。暴力を奮う男性はずるく、弱いです。やみくもに手を出す男性とは結婚しないほうがいいでしょう。

6.あなたを馬鹿にするような発言をする

結婚とは、お互いを尊敬してこそうまくいきます。結婚前から、あなたに対して敬意がなく、馬鹿にする男性は、結婚後はあなたのことを家政婦のように扱うかもしれません。

7.やたらと割り勘を強調する

交際中、割り勘にするのはけっこうなことだと思います。しかし、やたらお金に細かく、1円単位で割り勘を強調してくる男性は要注意です。結婚したら、あなたが何にお金を使ったか、厳しくチェックしてくるでしょう。今は、夫婦共働きの時代ですが、女性は結婚し、子供ができると仕事ができない時期があります。割り勘をやたら強調してくる男性は、家庭を持ち、養っていくという意識が足りません。いくら男女平等とはいえ、家庭を守っていく意識のない男性では頼りないでしょう。

いかがでしたか?
あなたの彼氏は、どの項目にもあてはまっていないことを祈ります。最終的に彼と結婚するかどうかはあなた自身が決めることです。でも、結婚とは、一生連れ添うパートナーを決めることなので、慎重に決めてくださいね。

 

恋愛テクニック   コメント:0

春は恋の季節? 結婚式・二次会のお呼ばれファッションスタイルは?

結婚式に招待されたら

古くからヨーロッパでは、6月に結婚すると幸せになれると言われていたことから、日本でも「ジューンブライド(6月の花嫁)」が好まれた時代がありました。その名残もあってか、今でも5月、6月のウェディングには根強い人気があるのだとか。
皆さんの中には、すでに結婚式の招待状が届いている方もいらっしゃるはず。月に2、3度もなんて方も珍しくないのではありませんか。

友人や知人の結婚はおめでたいことですから、盛大に祝福してあげたい反面、ご祝儀や会費などと出費がかさんでしまい、つい尻込みしてしまうこともあるでしょう。
そうはいっても、立派な大人ですから、ここはスマートに振る舞いたいですよね。
今回は、結婚式のマナーについて、少しのぞいてみましょう。

ご祝儀っていくら包めばいいの?

結婚式とひとくくりにいっても、親族中心の小規模なものから、ホテルの披露宴会場で行う大規模なものまで、その種類はさまざま。しかも、披露宴はパスして二次会のみの出席となると、料理や引き出物のクラスも異なるので、いったいいくらご祝儀を包めばいいのか、頭を悩ませてしまうことも。
でも、あまり少額のご祝儀でけちったなんて思われるのも、恥ずかしいですよね。

一般的に、結婚式の披露宴に参加する場合は、20代〜30代の独身女性で2万円〜3万円が相場だと言われています。
ちなみに、ご祝儀とは別にあらかじめプレゼントを用意して手渡す場合は、2万円を包むことも多く、ご祝儀袋には5千円札2枚と1万円札1枚を入れるのが常識。枚数が偶数だと数字が「割れる」ため、別れを連想させるのだとか。また、会費制のパーティーに参加する場合は、会費を事前に支払うので、基本的にご祝儀の準備は必要ありません。

フォーマルな服装って?

では、結婚式に招待された場合の服装は、どんなものがよいのでしょう。
おめでたい席ですから、思い切りおめかしして参列したいところですが、あくまで主役は花嫁。花嫁より目立ってしまうような衣装、化粧は御法度です。もちろん服装も、白は花嫁のドレスとかぶってしまうからNG。だからといって、黒いモードなドレスに黒のパンプスでは喪服を連想させることから、縁起も悪く、マナー違反となってしまいます。
両親や親族も多数列席される場ですから、控えめでありながらもシンプルすぎず、上品なドレスが好まれるのです。このバランスが非常に難しい!

そこでお勧めは、サテンやシルクのような素材をいかしたワンピース。フォーマルな印象もあり、なおかつ上品な着こなしは周囲のウケもばっちりです。
でもこうしたシンプルなパーティードレスは、一見上品ですが、無難で面白みに欠けてしまうことも。
そんな時こそ、クラッチバッグやアクセサリー、パンプスを思いっきりゴージャスにまとめるのがポイントです。ビーズやビジューをあしらった流行のクラッチバッグなら、トレンドも押さえているので、自分らしさを最大に表現できます。
パンプスも、ヒールの高いものを大胆に合わせれば、全体のバランスもよく、脚長効果も生まれます。
アクセサリーはあまりカジュアルなものでなく、パールのロングネックレスなどでまとめると、フォーマル感もアップしますよ。

カギを握るのはヘアアレンジ!

写真を撮る機会も多い結婚式ですから、顔周りはすっきりさせたいもの。パーティーの服装が決まったら、首元がすっきりみえるヘアアレンジで仕上げると、より上品な印象につながります。
でも、結婚式やパーティー当日は支度に慌ただしく、美容院へ行く時間がないという方には、三つ編みや編み込みでラフにアレンジして、カチューシャでまとめるのがお勧め。
ビーズやパールをあしらったゴージャスなカチューシャだと顔映りもよく、全体のシルエットをすっきりまとめてくれます。大きめのバックルがポイントのカチューシャなら、小顔効果もありますよ。
結婚式や二次会は、新郎新婦の友人、知人も多く集まる出会いの場。新郎新婦から愛情をたっぷりもらって、次の恋のチャンスをうかがってみてはいかがでしょうか。

 

恋愛テクニック   コメント:0

出会えないのは私が悪い?30代女子の婚活事情

30代といえば、まだまだ恋に仕事に青春真っ盛り!
そう意気込みたいところですが、友人が急に結婚したり、仕事で成功をおさめたり・・・
今まで同じ道を歩んできた人達が、様々な人生へ枝分かれしていく時期でもありますよね。

またそんな中、昨今では「ヒトカラ(一人カラオケ)」や「ヒトニク(一人焼肉)」のような、おひとりさまブームが起こるなど、一人でも生きていける女性が増え、晩婚化が進む状況も見られましたが、依然として早期の結婚を望んでいる女性は多数居ます。

やっぱり一人は寂しいけど…気づいた時には、もう30半ば!
みんな婚活どうしてるの?そんな方も多いはず。

少し昔のことならば、恋も仕事もそこら中に散らばっていたようなものですが、精神的にも経済的にもやや苦しい状況の現代では、そう上手くはいきませんよね。

今回はそんな悩みの多い、30代女性の婚活事情をご紹介します。

婚活サイトの現状

婚活しよう!と決断したのはいいものの、いきなり婚活パーティに参加するのは勇気が必要ですよね。そこで誰しもが、まずは婚活サイトへの登録を考えます。
「サイトでの出会いなんてちょっと不安…」という方も多いと思いますが、今は大手の会社が運営する良心的なサイトが増えていますよ。
婚活パーティや合コンなどに対し、顔が見えないという不安は拭いきれませんが、ほとんどのサイトは写真を掲載できますし、直接メールではなくサイト内でのやりとりになるので安心です。
値段も格安なので、どのサイトが良いか悩んでいる方は、いくつか登録してみて自分に合った使いやすいサイトを見繕ってみるのも良いでしょう。

30代の婚活は厳しい?

残念ながら婚活の場において、30代女性が20代女性と比べて圧倒的不利であることは事実です。
単に「若い女性がいい」という男性が多くいることも否めませんが、その風習の裏には確たる理由があるのです。
なんと30代女性は同世代の男性にとってやや「めんどくさい」傾向にあるといいます。「早く結婚したい」という思いが強すぎて、男性に結婚を急かしたり、ベタベタと男性に依存したり・・・。そういった行動に男性はちょっと疲れてしまうようですね。
20代には無いような、いい意味での大人っぽさをアピールして癒しを提供できることが重要ですね。

結婚したいと思える女性

結婚を目的とした場ですから、男性は当然、奥さんにすることを前提として女性を見ています。そんな男性が女性を選ぶ条件は、恋愛観とは少し違います。

・母性を感じる女性
母性というのは、男性には無い女性特有のものですね。そんな特別な魅力に惹かれてしまうのと同時に、「甘えさせてくれそう」という安心感も芽生えます。
男性は母親や姉と似た女性を選ぶというように、本能で母性を感じているのかもしれませんね。

・たんぱくな女性
前述した通り、男性は依存する女性を避けたい傾向にあります。いつでもどこでもイチャイチャするのは恋人同士までで、結婚してからは落ち着いたサポートを求めているようです。

・お金のかからない女性
収入の良し悪しに関わらず、男性はお金使いの粗い女性とは結婚したいと思いません。結婚した際には、ほぼ男性の稼ぎだけで生活するわけですから生活力を見ているんですね。
デートの時なども、普段から高級なブランドバッグを持っていないか、高そうなアクセサリーをつけていないかなど、実は細かくチェックされていますよ。

・家事をテキパキこなせる女性
これは必須条件と言えるでしょう。自分が仕事に出ている間、掃除や洗濯が全て終わって、美味しい食事が用意されていたら誰だって嬉しいものです。男性の目から見て家事ができる女性は魅力的に見えることはもちろん、マイナスイメージになることはまずありません。

以上いくつか挙げましたが、総合的に見て、男性の求める奥様像は『デキる女』であることが分かりますね。理想の奥様になることは少々難しいですが、近づく努力は必要かもしれません。

効率のいい婚活法

早く結婚したいと思うなら、よりフィーリングの合う人と効率良く巡り会う方法を考えましょう。そうすると、やはりネット婚活が良いのではないかと思います。
プロフィールを作成するだけで、相性の良いユーザーを紹介してくれるサイトもありますし、趣味や性格など共通点をピンポイントで検索することもできます。
ネット婚活をベースとして、地域の婚活パーティなどにも参加すると良いですね。
婚活パーティのみに絞っていくと、特定の異性としか接することができず、結局1~2人との会話でパーティが終わってしまうこともあります。
婚活パーティと婚活サイトの両方を上手く併用しながら、積極的にお相手を探していくのが結婚への早道と言えるでしょう。

いかがでしょうか。思わずドキッとしてしまう節はありませんでしたか?
もう婚活をしているという人も、これから始めるという人も、少しでも参考にして素敵な幸せを掴んでくださいね☆

 

恋愛テクニック   コメント:0

理想の結婚相手は身近な場所に

はじめに

恋人がほしい。理想の人と出会いたい。素敵な恋愛がしたい。結婚したい。
心の中から溢れる思いとは反対に現実は思うようには行きません。
恋人や理想の人、素敵な恋を求め、結婚を望んでいるにも関わらず、国勢調査によると20代の未婚率は59.2%、30代だと32%。
そして、30代前半で恋人がいる人は約3割。
30代であっても3人に1人は独身というのが現実であることが分かりました。

理想の人と出会いたい

理想の人と出会いたいにもかかわらず、見つけることができないのはどうしてなのでしょうか。
婚活ブームをきっかけにパーティ、イベント、習い事、仕事場など、出会いの場は数多く用意されています。
見つけることができないのは、出会いがないからではなく自分の理想が明確ではないからだと思います。

理想の恋人を見つけるためには、まず、自分の好みをしっかりと把握する必要があります。
どんな相手が好きなのかということです。
これが簡単なようで難しい。
恋人にとどまらず理想の結婚相手を探す場合もこれが一番重要なのです。

人のことは、よ~くわかるのに自分のことはわからない。
重要なのは、自己分析なんです。
自己分析は就職などの仕事選びにおいても重要ですが、実は、恋愛においても大切なんです。
自己分析シートなどを参考にしながら、仕事だけでなく恋にも役立てましょう。
そうすれば、自分の理想像がよりリアルに見えてくるので、好みが明確になります。

理想の相手がはっきりしたら

自分の理想の相手がはっきりしたら、出会いの場を広げます。
婚活パーティーやお見合いなどは、理想の条件を提示した上で、プロの方が相手を探してくれるため、より出会いやすいというメリットがあります。
特別な場でなくても、日常生活の中に出会いはあります。
ただ、それに気がつかないだけです。
理想の相手がはっきりしていると、日常生活の中の貴重な出会いに気がつくことができるのです。

理想の相手を見つけたら

理想の相手が見つかったら、素敵な恋のはじまりです。
誰がどう感じようと、誰が何と言おうと、それはあなたが見つけたあなたの理想の相手。
望みであった、理想の人と出会いたい、素敵な恋がしたいという願いはもうかなえられたことになるのです。

さいごに

理想の相手というのは、本当は身近なところにいるのです。
大変なのは、むしろ、ここからです。
どんなに自分にとっては理想でも、相手もそうだとはかぎらないからです。
相手が自分のことを素敵だと思うかどうか
それは、相手にしか分かりません。理想の相手を見つけて、スタートラインに立ち、これから相手との距離を縮めていく必要があります。
まずは、相手に自分のことを知ってもらい、魅力的な部分をアピールしましょう。

 

恋愛テクニック   コメント:0

1 2 3 7